事業承継の知識!

事業承継.com

事業承継方法の選択

一口に事業承継と言っても行うにあたって色々な選択肢が出てくるわけですけども。主な方法として、まずスタンダードなのが親族、子供や孫などへの承継ですね。その次に選択肢として浮かび上がってくる従業員(親族ではない)等に承継するというものです。そしてそのどちらにも当てはまらなかった場合に出てくる最終手段として、廃業、又は売却(今で言うM&Aと言う奴ですね)を考える、と言うことになります。
そのような選択を考えるにあたって、どちらの選択にもメリット、そしてデメリットがついてきます。必ずしも事業承継をして親族や従業員に引き継がせるより廃業や売却を行った方が経営者にとって、周りの人達にとって良いこともあります。
このページではそれぞれ選択した場合のメリット、デメリットを大まかに紹介していますので参考にして頂くと良いと思います。

 

事業承継の選択にあたってそれぞれのメリット、デメリット

まずは親族・・・子供や孫への事業承継を選択した場合

【メリット】

・会社の跡継ぎ(後継者)が早い内から決定できるため、会社の事業内容の教育期間を長くとることが出来る。
・親族という身近な存在であるので、事業承継を行うにあたっての経営者の意志を伝えやすい
・経営者の資産の移動などがスムーズに行えたりする

【デメリット】

・親族(子供や孫)内に事業承継に適切と言える人材が見つからない(経営者に子供がいない場合などに良く見受けられる)
・親の後は継ぎたくないという子供が増えてきているという現状
・多数、複数の後継者がいる場合に、事業承継の経営者の判断が極めて難しい(選ぶに選べないって事ですね)

 

続いては従業員(親族以外の人)等に事業承継をした場合

【メリット】

・親族に事業承継をする場合よりも後継者を選ぶ範囲が広まるので人材不足になる等という心配はない
・昇格を行ったり、登用などの既定路線(出世街道)が作りやすくて、業務の中の跡取りとして、事業承継を行った場合の引き継ぎが容易に行える。
・親族の血縁関係とは違い、経営能力を比較して承継を行えるため、不安定な経営状況や経営者の不信には繋がらない。
・外部から招聘する場合は、外部から見てきた目での内部の人間では到底行えないような抜本的な構造改革などを行うことを期待できる。

【デメリット】

・外部から後継者を選んだ場合は、その後継者に資金力が乏しく、資産の移動などに苦労してしまうことがあります。
・個人保証となっている債務を引き継ぐにあたっての負担などを考えてあげなければならない。
・会社内の賛同が得られない人材の抜擢を行った場合、事業承継後の会社経営の反発を招く恐れがある。
・経営者の外部招聘などによって会社の経営方針があらぬ方向へ大きく変わってしまう場合がある。

 

最後は廃業、又は売却(M&A)を検討するという場合

【メリット】

・売却先と経営者それぞれのニーズが合致した場合、経営者は多額の売却益を手に入れることが出来る。
・元々不採算であった事業を切り離して、有力、大手の企業と合併することによって双方の経営の合理化を図ることが可能である。

【デメリット】

・M&Aの希望とする条件を満たす会社を見つけ出すことが非常に難しい
・廃業、売却に伴う社内で働く従業員の混乱や志気が低下するなどといったリスクを生み出しやすい。